薬剤師や医師は副業バイトで年収アップしよう。

余り出すと言われていた薬剤師ですが……

病院や調剤薬局にいる人は一度は聞いたことがあると思いますが、もう10年以上前から薬剤師は数年以内に需要を供給が上回り、余り出してしまうと言われていました。しかし現状はどうでしょう?個々の会社や薬局によっても異なると思いますが、全体的に見て実際に薬剤師が余っているという話を聞くことはほとんどありません。 これは、薬学部が6年制になり国家試験の合格率が以前よりも大分下がってきているということもありますが、それだけではなく病院や薬局と言った医療の現場以外(製薬メーカーの開発やMRなど)で働いている薬剤師免許の保持者が少なくないからだと思います。そのような状況ですので、薬剤師については未だにアルバイトや派遣会社での時給が、他の業種に比べて非常に高い水準となっています。

正社員よりもアルバイトの方が効率が良い場合も……

実際には人手不足となっている現場の薬剤師。しかし、病院でも薬局でも正規雇用となるとアルバイトの時給に比べて時給換算では給料が低いと感じる人も少なくないでしょう。 そんな中でお勧めなのが薬剤師の副業。管理職や店長になっているという方は別ですが、薬剤師で毎日毎日残業で辛いという方はあまりいないのではないでしょうか?そんな方はドラッグストアや夜間営業をしている調剤薬局のアルバイトで効率よくお金を稼ぐことができます。副業が禁止されている職場もなくはないと思いますが、夜間の医療を地域の輪番制で補っている地域などでは、地域医療を守るという観点で、特例として別の調剤薬局などで働くことが認められるケースなども最近では増えてきているようです。お金のためだけではなく、経験によるスキルアップも期待できる薬剤師の副業。ぜひ探してみてください。